犬でもできる競馬血統予想

血統を中心に組み立てた競馬予想をだれでもわかりやすいように書きます。主が犬顔らしいのでこんなタイトルですが深い意味はありません(笑)

MENU

2021年を振り返って~感謝~

 みなさんこんにちは。ちゃろです。

 

 今日は2021年12月31日。大晦日ということで少し今年を振り返ってさっくりのんびりと書いてみようと思います。

 

 

2021年を振り返って

 何を隠そう今年はこのブログを開設した年です。SNSに疎い私は数年前に名前だけ登録していたFacebookを閉めて以来、SNSと呼ばれるものは何もやっておりませんでした。こういった発信や受信に少なからずアレルギーがあったのかもしれません。そこから一歩踏み出して9月よりブログとTwitterを今さらながらスタートさせたのですが、私にとってはすごく勇気のいることでした。Webデザインなんてまったくわからないし、いろいろ出遅れているし、こういったことを継続できるかも不安でした。でもただ一つ、書きたいネタは山ほどあるので尽きることないなと根拠のない自信はあったのですが(笑)

 

 競馬血統との出会い#1でも執筆しましたが、競馬に対する飽くなき探求心はとどまることを知りません。いろいろな方に話を聴いたり、新聞や本を読んだり、Web上の記事を読み漁ったり本当にいろいろなことをし競馬を吸収し続けたここ数年間でした。おかげ様で競馬に対する一通りの会話はどんな方ともできると思いますし、わりかし一般的には詳しい方であると自負はしています。それでも他の方のブログやTwitterを見るとものすごく詳しい方もいらっしゃいますし、まだまだ勉強せねばなといい刺激をもらうこともたくさんありました。

 

 私が血統を中心に予想するようになったきっかけは過去記事で執筆したので割愛しますが、初心者の人でもわかるようにできるだけ「シンプルに血統予想を行いたい」というのが私のモットーでもあります。

 確かに競馬血統というのは世界の競馬の歴史そのもので掘り下げていけば非常に深いものだと思います。しかし、入り口としてはすこぶるシンプルに考えることが大切だと考えています。以前このブログの記事でレース予想における競馬血統をポケモンのタイプに例えたことがあります。水タイプは炎タイプに強く、炎タイプは草タイプに強く、草タイプは水タイプに強い。ポケモンユーザーなら小学生でも当たり前に知っていたことですが、考え方としては血統適正予想もこれに似たことだとという考え方が変わることはありません。

 

 もう一つ思うことは血統予想でも人や見解によってばらつきがあり正解はないということです。テレビに出ていたり、ネットで予想を公開している血統予想家の方の予想印がみんな一緒になることって少ないんですよね。むしろ真逆の予想をするときですら珍しくありません。血統というファクターを通していても、その中で組み合わせるファクターや見立てが違うケースもあるのでどうしても血統論自体が仮説の重なりというか主観的にならざるを得ない場合も多いです。

 

 私としては基本的な血統論は押さえつつ、分類はできるだけわかりやすく簡単にして行いたいと思っています。過去の同レースや近日行われている同条件を参考にしつつ、そこに枠順、馬場、レース展開予測を組み合わせて血統適性がもっともある競走馬を探します

 今現在は馬場やレース展開特性をわかりやすく分類できないか日々研究しています。過去の結果、当日の馬場状況をパターン化してそこに血統フィルターで向き不向きを検討する予想を完成させてわかりやすく提供できたらななんて思っています。

  

京阪杯(GⅢ)チャンピオンズカップ(GⅠ)はそんな予想がすごくうまくハマった例でした。来年もこんな予想ができたらいいなと思います。

 

 このブログを通じて皆様にお伝えしたいことは「感謝」です。右も左もわからない状態で始めたこのブログはわずか4カ月ながらおかげさまでたくさんの方に読んでいただきました。感想や嬉しい報告もたくさんいただきました。これもひとえに読者の皆様のおかげですし、感謝しています。そのおかげでなんとか書き続けることができました。本当にありがとうございました。

 

 仕事の傍ら書いているブログで、自分で言うのもなんですが1記事約8000文字くらいで長いと10000文字を超えることすらあります。長ければいいわけではありませんが、結構労力がかかるものです(笑)でも自分と競馬好きの皆さんを結んでくれる貴重なツールであることに変わりはありません。仕事やプライベートもあって可能な限りとはなりますが、できる限り尽力して皆様に「へぇ、そうなんだ!」「そういう見方もあるのか!」「血統ってなんだかおもしろそうじゃん!」なんて思ってもらい、1人でも血統予想に興味を持ってもらえる人が増えるよう、充実した内容で記事が書ければと思います。

 

 1年間ありがとうございました。(正確には4カ月なのですが笑)

 来年もよろしくお願いいたします。皆様よいお年をお迎えください!

 


↑↑皆さんの応援が励みになります!競馬・血統理論ランキング

よかったら上記ボタンをポチっとお願いします。

パソコンなら右端に、

スマホなら少し下にスクロールすると上に、

現在の順位が表示されますのでまたそこから入っていただけますと幸いです。