犬でもできる競馬血統予想

血統を中心に組み立てた競馬予想をだれでもわかりやすいように書きます。主が犬顔らしいのでこんなタイトルですが深い意味はありません(笑)

MENU

2022フィリーズレビュー(GⅡ)予想

こんにちは。ちゃろです。

 

皆さんいかがお過ごしでしょうか。

 

本日の「中山牝馬S(GⅢ)」は15人気ー12人気という大波乱。本当に乙女心を理解するというのは難しいものですね(笑)

そして今回もまた難しい牝馬限定重賞でございます。本当に難しい予想になると思いますが、なんとか分析していきたいと思います。

 

さて、本日は桜花賞トライアル「フィリーズレビュー(GⅡ)」の血統分析を行っていこうと思います。どうぞ最後までよろしくお願いします。

 

※おことわり

データについてはターゲットなど有料課金をせず手作業で集計していますのでデータはあくまでも”ちゃろ調べ”ということでご了承ください。皆様の予想のご参考になれば幸いです。

 

▼中山牝馬Sの血統分析はこちらから↓↓

wankokeiba.hatenablog.com

 

 

金鯱賞の血統分析はこちらから↓↓

wankokeiba.hatenablog.com

 

 

 

3月13日 2022フィリーズレビュー(GⅡ)血統予想

 

フィリーズレビューの過去血統傾向~

f:id:wankocharo:20220307222902j:plain

 

f:id:wankocharo:20220307222921j:plain

 

<父・母父のワン!ポイント>(過去7年)

・昨年は1~3着までの馬がすべて3代までにダンジグの血を持っていた。

・好走数は父キングカメハメハダイワメジャーディープインパクトが2回

・母父はアグネスタキオンタイキシャトルが2回

<系統のワン!ポイント>(過去7年)

・好走数は父SS系が4回、DI系KK系LS系が3回で続く、AP系RB系が2回と続く

・母父はED系が5回、EN系SS系が3回、AP系RB系TT系が2回

・父母父はED系9回、AM系EM系3回、EN系LS系2回。

・母母父はED系が9回、AN系が3回、AD系AP系EN系が2回好走。

 

フィリーズレビュー阪神芝1400mのその他のポイント~

【馬場・枠順】

・3枠が2連勝、3年連続連対中。昨年、一昨年と3枠ー4枠の決着で近年はやや内枠有利

・ペースはハイペースになりやすいものの、逃げきりは過去10年1度もない

・上がりだけの勝負にはならないので、持続力のあるスピードが必要

 

【年齢・性別・斤量】

・世代限定戦、牝馬のみ、同斤量のためデータなし

 

【波乱度】

・過去5年で1番人気は2着1回のみ。過去10年見ても2勝と1番人気の信頼度は低く、波乱度は高い

・2番人気が過去5年で1勝2着2回と好成績

 

【その他】

・昨年は阪神JF惨敗組の巻き返しワンツー。阪神JFで負けた組か条件戦の上がり馬。トライアルらしい狙い方が必要。

 

以上から血統的には短距離戦で力を発揮できるスピードを持ちつつ、底力や馬力を持って持続力がある馬を狙ってみたいと思います

 

それでは、これらのデータや傾向を参考にして今年の血統出馬表を見て予想をしてみましょう

 

阪神 フィリーズレビュー(GⅡ)分析と予想

~出走馬全頭血統分析~

馬番 名前 性別馬齢 騎手

(血統組み合わせ)

前走

近5走ベストパフォーマンス(BP)

血統適正、能力実績(SAの8段階で評価

血統構成、血統分析・一言コメント

の順に表記

 

①アドヴァイス 牝3 和田竜

RB系×SS系

前走:22年紅梅S(L)4着

BP:21年未勝利(福島芝1200m)1着

血統: 能力:

<血統構成>父モーリス×母父ダイワメジャー。母母父ラストタイクーン。母テンシノホホエミ。

<血統分析・一言コメント>4戦1勝。モーリスにダイワメジャーといういかにも欧州色が強い持続力血統。1400mに適性はありそうだが、重賞レベルでは少しスピード不足か。

 

②ナムラクレア 牝3 浜中

DI系×AD系

前走:21年阪神JF(GⅠ)5着

BP:21年小倉2歳(GⅢ)1着

血統: 能力:

<血統構成>父ミッキーアイル×母父ストームキャット。母母父クリスエス。母サンクイーンⅡ。

<血統分析・一言コメント>5戦2勝。小倉2歳Sを制しているこのメンバー唯一の重賞覇者。短距離で使える末脚はおそらくこのメンバー中でもナンバーワンか。前走は距離不安からか流れに乗り切れなかった印象もあり、ここで巻き返したい。

 

③マイシンフォニー 牝3 武豊

DI系×AD系

前走:22年未勝利(阪神芝1800m)1着

BP:22年未勝利(阪神芝1800m)1着

血統: 能力:

<血統構成>父ディープインパクト×母父ソルトレイク。母母父カポウティ。母テディーズプロミス。

<血統分析・一言コメント>4戦1勝。毎回人気を背負うが4戦目にしてようやくの初勝利。ローテは1800mからの大幅距離短縮。血統自体は良血だが、このレースの適正という意味ではプラスではなさそうに見える。

 

サブライムアンセム 牝3 池添

KK系×RB系

前走:22年未勝利(中京芝1600m)1着

BP:22年未勝利(中京芝1600m)1着

血統: 能力:

<血統構成>父ロードカナロア×母父シンボリクリスエス。母母父サンデーサイレンス。母パストフォリア。

<血統分析・一言コメント>6戦1勝。2着を3回経験して待望の初勝利を先月挙げた。阪神1400mは未勝利で2着2回。重賞挑戦で相手は強化されるが適性自体はある。

 

⑤ラブリネスオーバー 牝3 松若

AD系×SS系

前走:22年1勝ク(東京芝1400m)2着

BP:22年新馬(中山ダ1200m)1着

血統: 能力:

<血統構成>父ザファクター×母父フジキセキ。母母父トロメオ。母ケイエスアカリ。

<血統分析・一言コメント>2戦1勝。新馬勝ちはダート1200m。ザファクター産駒は芝でも走るがやはりダートのイメージ。馬場や展開の助けが必要となりそうだ。

 

⑥アネゴハダ 牝3 酒井

DI系×AP系

前走:22年1勝クラス(阪神芝1400m・稍)1着

BP:22年22年1勝クラス(阪神芝1400m・稍)1着

血統: 能力:

<血統構成>父キズナ×母父ウォーエンブレム。母母父スターボロウ。母イニシャルダブル。

<血統分析・一言コメント>6戦2勝。新馬戦はダートで勝利。その後重賞ではやや実力不足だったが前走で待望の2勝目。ダートを使われいるようにパワーは持っている。ダート馬でも走るようなパワーが必要とされる馬場になれば出番も。

 

⑦コンクパール 牝3 泉谷

AP系×AN系

前走:22年1勝ク(阪神ダ1400m)1着

BP:22年1勝ク(阪神ダ1400m)1着

血統: 能力:

<血統構成>父アメリカンフェイロー×母父バーナーディニ。母母父カーソンシティ。母エージーウォリア。

<血統分析・一言コメント>7戦2勝。2勝はすべてダートで挙げたもの。血統的にもバリバリのアメリカ血統が並ぶダート血統。キレる脚は求められにくいがここまでのダート血統ではキレ不足では。

 

テイエムスパーダ 牝3 国分恭

TT系×EN系

前走:22年あざみ賞(1勝ク・芝1200m)1着

BP:22年あざみ賞(1勝ク・芝1200m)1着

血統: 能力:

<血統構成>父レッドスパーダ×母父アドマイヤコジーン。母母父マイニング。母トシザコジーン。

<血統分析・一言コメント>3戦2勝。父レッドスパーダの特徴からか3戦のキャリアで必ず4角は2番手以内とそのダッシュとスピード力には定評がある。当然先団から粘り込む競馬を目指すが、1200mしか経験がなく距離延長はややマイナスか。

 

⑨ブッシュガーデン 牝3 富田

KK系×AD系

前走:22年1勝ク(中京ダ1400m)9着

BP:21年クローバー賞(OP)2着

血統: 能力:

<血統構成>父リオンディーズ×母父ハードスパン。母母父エルプラド。母フリスコベイ。

<血統分析・一言コメント>8戦1勝。ここ4戦はダートに挑戦も結果を残せず。久しぶりの芝で重賞。厳しい戦いとなりそうだ。

 

⑩キミワクイーン 牝3 内田

KK系×SS系

前走:21年阪神JF(GⅠ)10着

BP:21年1勝ク(東京芝1400m)1着

血統: 能力:

<血統構成>父ロードカナロア×母父ダイワメジャー。母母父サクラバクシンオー。母チェリーペトルズ。

<血統分析・一言コメント>4戦2勝。スプリントからマイル以下に適性のある種牡馬が血統表に並ぶ。重賞では結果を残せていないが2勝はすべて1400m。適性はある。

 

⑪ゼロドラゴン 牝3 横山典

LS系×JN系

前走:22年1勝ク(中京芝1200m)3着

BP:21年未勝利(阪神芝1200m)1着

血統: 能力:

<血統構成>父ブラックタイド×母父サクラバクシンオー。母母父ワイルドアゲイン。母スカイノダン。近親にジャスタウェイがいる。

<血統分析・一言コメント>3戦1勝。血統的には少し単調なスピードにも読み取れるが、イメージより瞬発力を持っている。実際に未勝利、1勝クと連続で上がり34秒0をマーク。相手強化で自分のペースで走れるかは微妙だが、一瞬の末脚は持っている。

 

⑫スリーパーダ 牝3 坂井

DI系×ED系

前走:21年ファンタジーS(GⅢ)7着

BP:21年小倉2歳S(GⅢ)2着

血統: 能力:

<血統構成>父ミッキーアイル×母父シングスピール。母母父エフィシオ。母シンハリーズ。

<血統分析・一言コメント>3戦1勝。血統的には少し母系がヨーロッパ色が強い印象。それでも昨秋小倉2歳Sで2着と短距離で使える末脚を兼ね備えている。約4カ月の休み明けで仕上がりは要チェック。

 

サウンドクレア 牝3 団野

LS系×AP系

前走:22年つばき賞(1勝ク・阪神芝1800m)6着

BP:21年未勝利(小倉芝1800m)1着

血統: 能力:

<血統構成>父キタサンブラック×母父アグネスデジタル。母母父シアトルスルー。母サウンドバリアー

<血統分析・一言コメント>5戦1勝。血統的には明らかにアメリカ色が強いパワー型。1勝は稍重の小倉1800mで後方から一気に追い込んだもの。近走では先行策で勝負しているが失速している。状態を立て直してどうか。

 

⑭ウィリン 牝3 菱田

RB系×LS系

前走:22年紅梅S(L)3着

BP:22年新馬(福島芝1200m)1着

血統: 能力:

<血統構成>父スクリーンヒーロー×母父マンハッタンカフェ。母母父イルーシヴクオリティ。母レッドカーラ。

<血統分析・一言コメント>2戦1勝。前走は3着に敗れたが半年の休み明け。前走より上積みはあるだろうが、成長が本格化するのはもう少し後だろう。

 

⑮モチベーション 牝3 秋山稔

LS系×AP系

前走:21年未勝利(札幌芝1500m)1着

BP:21年未勝利(札幌芝1500m)1着

血統: 能力:

<血統構成>父ガルボ×母父アグネスデジタル。母母父サンデーサイレンス。母アドリアーネ。

<血統分析・一言コメント>2戦1勝。実戦は約半年ぶり。貴重なガルボ産駒はどこまでできるか、当日のデキや成長力を見極めたい。

 

フィリーズレビュー血統予想~

 

◎⑫スリーパーダ

〇②ナムラクレア

▲⑥アネゴハダ

注⑩キミワクイーン

△④サブライムアンセム

△⑧テイエムスパーダ

 

牝馬限定戦は本当に波乱度が高いですから

買い目は人気薄から入りますので3連複は総流しも視野に入れて考えます。

◎と〇の馬連、ワイドは厚めに狙いたいです。

 

↓↓皆様の応援が励みになります。応援お願いします!!

 


↑↑ポチっとクリックをお願いします!競馬・血統理論ランキング

よかったら上記ボタンをポチっとお願いします。

パソコンなら右端に、

スマホなら少し下にスクロールすると上に、

現在の順位が表示されますのでまたそこから入っていただけますと幸いです。