犬でもできる競馬血統予想

血統を中心に組み立てた競馬予想をだれでもわかりやすいように書きます。主が犬顔らしいのでこんなタイトルですが深い意味はありません(笑)

MENU

2022レパードS(GⅢ)予想

 

こんばんは。ちゃろです。

 

いつもご覧いただきありがとうございます。

先週はアイビスサマーダッシュを本線で的中🎯することができました!!

この勢いに乗って今週も楽しく血統知識を勉強しながら予想をしていきましょう!

 

 

さて、本日は「レパードS(GⅢ)」の血統分析を行っていこうと思います。どうぞ最後までよろしくお願いします。

 

※おことわり

データについてはターゲットなど有料課金をせず手作業で集計していますのでデータはあくまでも”ちゃろ調べ”ということでご了承ください。皆様の予想のご参考になれば幸いです。

 

▼エルムSの血統分析はこちらから↓↓

wankokeiba.hatenablog.com

 

 

 

 

8月7日 2022レパードS(GⅢ)血統予想

 

~レパードSの過去血統傾向~

 

 

<父・母父のワン!ポイント>(過去10年)

 

・父の好走数  日本型  13回  米国型  12回  欧州型   5回

・母父の好走数 日本型   1回  米国型  16回  欧州型  13回

 

父の好走数では日本型米国型がほぼ同数で、欧州型がやや弱め

母父は欧州型が優勢。そしてなによりびっくりなのは母父日本型が過去1回!サンデー系はゼロです。調べていくとわかりますが、ダートのレースとはいえこんな重賞は非常にレアです

 

<血統のワン!ポイント>(過去10年)

・血統分類で考えると父DS系ダートサンデー系)がトップで好走数8回。AN系米国型ナスルーラ)が6回、KK系キンカメ系)が4回好走していた。サンデー系ならダートサンデー系、米国型血統ならナスルーラノーザンダンサーを狙いたいところです。

・母父はAP系米国型ミスプロ)がトップで9回好走。続くのが7回のED系欧州型ノーザンダンサー)でこの2つがやや他を離している。母父になるとEP系欧州型ミスプロ)やRB系ロベルト系)を含めて欧州血統も健闘していますね。

 

~レパードSと新潟ダ1800mのその他のポイント~

【レパードS】

・JRAの3歳限定はこのレパードSユニコーンの2つしかない。実力差がはっきりとでるレース

・ローテーションでは前走ジャパンダートダービーユニコーンS組に注目

・前走1勝クラス、2勝クラスの馬は不振。前走1勝クラスだった馬は過去10年勝利なし

・枠の有利不利は小さく、フラットで考えてよい

・ペース分類はハイミドル。スローにはなりにくい

逃げ馬が毎年好走している。人気薄の逃げ馬がよく穴をあけている。実際にレースで逃げる馬はわからないが、逃げそうな気配のある馬、前走で先行している馬はマークしておきたい

先行してある程度のポジションから速い上がりを使うのが理想。ハイペースなレースで4角9番手から差し切った19年のハヤヤッコのような例もあるがこれはかなりレアなケース。基本的には先行馬を狙いたい

 

【新潟ダ1800m】

・まず新潟のコースだが、芝の直線1000mなどの影響で「直線が長い」「コースが広く大きい」という印象がある人がいるようだが、実際はそうではない

・楕円形をさらに横長にしたようなイメージでコーナーがかなりきついのが特徴的、3角から4角でスピードに乗りにくく、ここでポジションを上げるのが難しい。そのため小回り適性も重要となる

・上記の理由と高低差が少ないことから前が絶対的に有利

・タイプとしては東京よりは中山とリンクする。また阪神ダ1800m、2000mとつながりが深い

<特注種牡馬

パイロ

ロージズインメイ

ホッコータルマエ

ゴールドアリュール

キングカメハメハ

オルフェーヴル

 

以上から

血統的には父が米国型ナスルーラ系か米国型ノーザンダンサー系の馬・・・①

母父が米国型ミスプロ系か欧州型ノーザンダンサー系の馬・・・②

前走ジャパンダートダービーユニコーンSの馬・・・③

前走逃げ、先行脚質の馬・・・④

を狙ってみたいと思います

 

それでは、これらのデータや傾向を参考にして今年の血統出馬表を見て予想をしてみましょう

 

新潟 レパードS(GⅢ)分析と予想

~出走馬全頭血統分析~

馬番 名前 性別馬齢 騎手

前走成績

血統適正、能力実績(SA)の8段階で評価、狙い目該当

血統構成

血統分析・一言コメント

の順に表記

 

①ヘラルドバローズ    牡3    56    松山

前走:22年1勝ク(中京ダ1800m)1着

血統: 能力: 該当:①④

<血統構成>父シニスターミニスターAN)×母父アーチ(RB)×母母父シアトリカル(AD

<血統分析・一言コメント>父はシニスターミニスターパイロと同じエーピーインディ系だがパイロと比べるとこのコース適性はやや落ちる。母系からは馬力や持続力を伝える。勝ち切れていない面はあるものの全6走のキャリアですべて馬券内という安定感は抜群。過去2勝は1800mで距離は問題なし。休み明けでもそこまで気にならなそう。

 

②タイセイドレフォン    牡3    56    川田

前走:22年弥富特別(2勝ク・中京ダ1800m)1着

血統: 能力: 該当:①②

<血統構成>父ドレフォン(AD)×母父トワイニングAP)×母母父ヌレイエフ(ED

<血統分析・一言コメント>父は令和を代表する二刀流種牡馬となりそうなドレフォン。母父は米国のスピード血統であるフォーティナイナー系のトワイニングというダートのスピード勝負に合いそうな血統。母母父のヌレイエフはサドラーズウェルズの近親だが、こちらはダートでの活躍馬も多く持続力を伝えている。4ライン中3本がノーザンダンサー系の配合。鳳雛Sではハピの2着。前走も条件馬とはレベルの違いを見せつけており今回も人気を集めそうな1頭。

 

③メイショウユズルハ    牡3    56    岩田康

前走:22年わらび賞(1勝ク・新潟ダ1800m)1着

血統: 能力: 該当:①④

<血統構成>父ディスクリートキャットAD)×母父スペシャルウィークLS)×母母父デピュティミニスター(AD

<血統分析・一言コメント>父ディスクリートキャットストームキャットの直系。芝でも勝利馬を出しているがやはりダートの方が適性は合う。母父は万能にスピードを伝えるスペシャルウィークだがこのレースに関しては母父サンデーは過去10年馬券内なし。デビュー3戦目からはすべて馬券内という安定感のある走りは見せており、前走は時計もよく大崩れするイメージは少ない。前走で当コース勝ちがあるのも強み。

 

④インディゴブラック    牡3    56    西村淳

前走:22年1勝ク(東京ダ2100m)1着

血統: 能力: 該当:④

<血統構成>父キタサンブラックLS)×母父バーナーディニAN)×母母父ジャイアンツコーズウェイED

<血統分析・一言コメント>これからが楽しみなキタサンブラック産駒。馬体も500キロ超で持ち前のパワーを受け継いでいる。母父は米国三冠の1つプリークネスSの覇者バーナーディニ。スピードよりパワーに勝る血統となっている。重賞のスピードに通用できるかがポイントになりそう。

 

⑤レッドラパルマ    牡3    56    M.デムーロ

前走:22年1勝ク(福島ダ1700m)1着

血統: 能力: 該当:②④

<血統構成>父イスラボニータSS)×母父ストラヴィンスキーED)×母母父サンデーサイレンスLS

<血統分析・一言コメント>イスラボニータ産駒はまだサンプルが少ないが私の見解はダートより芝、距離はマイル前後でサンデー系の中では短距離よりと見ている。母父ストラヴィンスキーは欧州の短距離馬。血統からこのレースに好走する裏付けは皆無。

 

⑥ビヨンドザファザー    牡3    56    北村友

前走:22年ユニコーンS(GⅢ)7着

血統: 能力: 該当:②③

<血統構成>父カーリン(AP)×母父ガリレオED)×母母父ストームキャットAD

<血統分析・一言コメント>父は注目の米国型ミスプロ系のカーリン。ドバイワールドCなどGⅠ7勝の名馬だ。母父は欧州の代表血統ガリレオ。母母父にストームキャットの血も持っている。日本の血統とはかなり異なる特徴を持つ。前走から比べればメンバー関係はかなり楽になる。デビュー戦で勝利した相性の良い舞台で力を示す。

 

⑦バレルゾーン    牡3    56    三浦

前走:22年1勝ク(福島ダ1700m)1着

血統: 能力: 該当:①④

<血統構成>父シニスターミニスターAN)×母父ゼンノロブロイDS)×母母父タマモクロスEN

<血統分析・一言コメント>父はシニスターミニスターパイロと同じエーピーインディ系だがパイロと比べるとこのコース適性はやや落ちる。母父のゼンノロブロイはこのレースに相性が良く、18年の勝ち馬グリムはゼンノロブロイ産駒だった。このレースにおいて母父サンデー系はやや割り引きか。

 

⑧トウセツ    牡3    56    幸

前走:22年インディアT(2勝ク・小倉ダ1700m)2着

血統: 能力: 該当:④

<血統構成>父ダンカークAP)×母父チチカステナンゴEN)×母母父サンデーサイレンスLS

<血統分析・一言コメント>父は米国血統の塊であるダンカーク。母父チチカステナンゴは強い馬力を伝えるためスピードが足りない馬はダートに出走するが、本質的には芝馬。ここまですべて条件戦ではあるが3着を外すことなく好走。重賞メンバー相手でも大崩れはなさそうだ。

 

⑨ハピ    牡3    56    藤岡佑

前走:22年ジャパンダートダービー(GⅠ)4着

血統: 能力: 該当:③

<血統構成>父キズナDI)×母父キングカメハメハKK)×母母父ストーミーアトランティック(AD

<血統分析・一言コメント>注目の前走JDD組。キズナ産駒は本質的には芝馬だが、母父ストームキャットの影響でパワーに優れ、牡馬であればダートによるケースもある。この馬はストームキャットの3×4と強いクロスがあるためダート色が強く出ていると考える。前走は不良馬場で行き脚が悪く、最後方からの競馬。後方からは確実に良い脚を使えるという武器を持っている。無敗の1800mに距離短縮されるのもいいだろう。

 

⑩ホウオウルーレット    牡3    56    福永

前走:22年いわき特別(2勝ク・福島ダ1700)1着

血統: 能力: 該当:なし

<血統構成>父ロージズインメイTT)×母父ゴールドアリュールDS)×母母父リアルシヤダイ(RB

<血統分析・一言コメント>半兄のオメガパフュームは東京大賞典4連覇中のスターホース。父ロージズインメイは特注種牡馬に該当。このコースでベタ買いしてもプラスになるほど好成績。やはりダッシュ力や持続力、また米国色が強すぎない塩梅も合うのだろう。母父サンデー系は相性が良くないとはいえ、こちらも特注種牡馬ゴールドアリュール。狙いたい条件には合致していないが、コース適性は合うだろう。勝った3戦はいずれも独走劇。連対を外した伏竜Sは後にJDDで上位を占めるハイレベルだった。差しにこだわるとやや不安はあるが、能力レベルは上位。

 

⑪ギャラクシーナイト    牡3    56    菊沢

前走:22年プリンシパル(L)14着

血統: 能力: 該当:④

<血統構成>父ドゥラメンテKK)×母父シンボリクリスエスRB)×母母父トニービンEN

<血統分析・一言コメント>父も母父も母母父もすべて芝血統。ダート色はないが、芝では勝ち切れずここまではダートで2勝。ダートが得意なわけではなく、日本の芝ではやや軽すぎるのだろうと感じる。重賞レベルになれば仕方なく出走レベルで勝てるほど甘くはないと思うが。

 

⑫シダー    牝3    54    藤岡康

前走:22年対馬特別(2勝ク・小倉ダ1700m)1着

血統: 能力: 該当:なし

<血統構成>父ホッコータルマエKK)×母父デヒアAD)×母母父ルビアノ(AP

<血統分析・一言コメント>父はキンカメ系のダート代表ホッコータルマエ。このコースの特注種牡馬でもあり、これからもどんどんダートの有力馬を生み出すと考えている。母系は米国GⅠ覇者の組み合わせ。ダートに対する適性は非常に高い。それぞれの父に注目するとダート馬が多いが、実は牝系はジャングルポケットと同じ一族。走りにもムラがあるのが難点で気難しい牝馬がこの舞台でどこまでやれるか。

 

⑬ラブパイロー    牝3    54    野中

前走:22年関東オークス(GⅡ)2着

血統: 能力: 該当:①④

<血統構成>父パイロAN)×母父アドマイヤマックスSS)×母母父フォーティナイナーAP

<血統分析・一言コメント>オークスから関東オークスという非常にレアなローテーション。前走はハナからしぶとく粘り込みあっと驚かせる好走を見せた。やはりそこはパイロ産駒。本職はダートなのだろうが、芝でも勝利できたのは母系がトップクラスのスピード配合だから。牝馬なのでパワー勝負になるとできれば湿ったコンディションのスピード勝負の馬場でやりたい。ちなみにパイロはこのコースの特注種牡馬筆頭。

 

⑭ライラボンド    牡3    56    長岡

前走:22年1勝ク(阪神ダ1400m)1着

血統: 能力: 該当:②

<血統構成>父キズナDI)×母父アドマイヤドンAP)×母母父ネヴァーダンスAN

<血統分析・一言コメント>ここまで14戦を消化。勝ち味に遅く、決め手は不足。母系を見ると母父アドマイヤドンネヴァーベンド系の組み合わせでパワーがあるが、スピードが不足しているのがはっきりとわかる。重賞ではスピード不足の馬が好走するのはかなり難しいが。ちなみに近親は芝短距離重賞戦線で活躍したテイエムオオタカがいる。

 

⑮カフジオクタゴン    牡3    56    ホー

前走:22年鷹取特別(2勝ク・阪神ダ2000m)1着

血統: 能力: 該当:なし

<血統構成>父モーリス(RB)×母父メジロベイリーDS)×母母父メジロマックイーンHE

<血統分析・一言コメント>父モーリスはタフさや底力はあるが、少しスピードは不足していることが多い。母系を見るとここはメジロ配合。母父サンデー系は相性が悪く、どこにもダートの血がない。伏竜S覇者デリカダの2着が2回と同世代では見劣りしない実力があるが、タフさが売りなので距離短縮はマイナス。いくらタフさに強いとは言え、重賞のこの舞台ではどうか。

 

~レパードS血統予想~

 

◎⑥ビヨンドザファザー 

〇②タイセイドレフォン 

▲⑬ラブパイロー 

△⑨ハピ

△⑩ホウオウルーレット 

消③メイショウユズルハ

 

↓↓皆様の応援が励みになります。応援お願いします!!

 


↑↑ポチっとクリックをお願いします!競馬・血統理論ランキング

よかったら上記ボタンをポチっとお願いします。

パソコンなら右端に、

スマホなら少し下にスクロールすると上に、

現在の順位が表示されますのでまたそこから入っていただけますと幸いです。

 

にほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
↑↑ポチっとクリックをお願いします!競馬・血統理論ランキング