犬でもできる競馬血統予想

血統を中心に組み立てた競馬予想をだれでもわかりやすいように書きます。主が犬顔らしいのでこんなタイトルですが深い意味はありません(笑)

MENU

2021東スポ杯2歳ステークス(GⅡ)予想

こんにちは。ちゃろです。

 

皆さんいかがお過ごしでしょうか。

 

さて、本日は府中の2歳重賞「東スポ杯2歳ステークス(GⅡ)」の血統分析を行っていこうと思います。どうぞ最後までよろしくお願いします。

 

 

11月20日 2021東スポ杯2歳ステークス(GⅡ)血統予想

 

東スポ杯2歳ステークスの過去血統傾向~

f:id:wankocharo:20211118230016j:plain
f:id:wankocharo:20211118230024j:plain

 

<ワン!ポイント>

・19年はディープインパクト産駒のワンツースリー

・昨年は比較的スタミナ血統での決着。ディープ産駒は不出走

・父ディープインパクトドゥラメンテが複数馬好走している

・父DI系LS系KK系SS系が好走。父サンデー系キンカメ系が基本

・母父はED系が圧倒的に好走している

・19年はワンツーがディープ×アメリカ型だったがこの年だけは1分44秒台と高速決着だったためと思われる

・父母父はヨーロッパ型血統が多いが、昨年は日本型やアメリカ型が好走

・母母父はややヨーロッパ型が多い。ナスルーラが特に目立つ

 

~東京芝1800mの血統傾向~

f:id:wankocharo:20211118232552j:plain

 

<ワン!ポイント>

・3型では父は日本型が50%、アメリカ型が4%、ヨーロッパ型は46%

・3型で母父では日本型が26%、アメリカ型が27%、ヨーロッパ型は47%

・父はDI系KK系LS系が好走しています

・母父はED系LS系が多く好走している。続いてRB系AP系KK系AD系

 

<東京芝1800mのその他のポイント>

・道中はゆったりと流れて瞬発力勝負になりやすい

速い上がりを求められるため、先行力だけでは直線で切れ負けする

紛れが少なく能力差が反映されるコース

・前回の11月14日の東京開催では芝は圧倒的に外枠有利

 

それでは、これらのデータや傾向を参考にして今年の血統出馬表を見て予想をしてみましょう

 

東京 東スポ杯2歳ステークス(GⅡ)血統出馬表と予想

~出走馬全頭血統分析~

馬番 名前(血統組み合わせ)

近5走ベストパフォーマンス(BP)

血統適正、能力実績

一言コメント

の順に表記

 

①イクイノックス(LS×ED

BP:21年新馬1着(新潟芝1800m)

血統:C  能力:C

一言コメント:キタサンブラック産駒。母父はキングヘイロー、母母父はトニービン新馬の勝ちっぷりは圧倒的で素晴らしいものがあった。鞍上もあって推定1人気だが、新潟と東京では求められる能力が異なる。能力の違いでカバーできるほど抜けているか見極めが必要

 

②テンダンス(SS×AD

BP:21年未勝利1着(阪神芝1800m)

血統:D  能力:D

一言コメント:ジャスタウェイ×フレンチデピュティ。スピードが強化されればいいが牝系のボールドルーラーも含めて少しパワーが強く、ダートでも走りそうな血統構成。半兄にスズカコーズウェイカデナがいる。マイル以下の方が走りそうなイメージだが

 

③アサヒ(SS×ED

BP:21年未勝利1着(東京芝1800m稍)

血統:C  能力:C

一言コメント:カレンブラックヒル×デインヒルの配合。初勝利まで3戦を要したが、上がり順位もよく高評価。本質はスピード血統で短距離~マイラーといった適正の気もするが爆発力はこのメンバートップクラスか

 

④トーセンヴァンノ(DI×EN

BP:21年札幌2歳S3着

血統:E  能力:B

一言コメント:ヴァンキッシュラン×ファンタスティックライト。既に今走で6走目。上がりのかかるタフな馬場では力を発揮できるが、ローテ―ションや東京への場変わりなど不安な点も複数ある

 

⑤レッドベルアーム(LS×AP

BP:21年新馬1着(阪神芝1800m)

血統:B  能力:C

一言コメント:ハーツクライ×アンブライドルズソング。母母父がストームキャットという名血。半兄はデイリー杯2歳ステークスを制し、朝日杯FS3着の実績を持つレッドベルオーブ。当馬は父がハーツクライなので半きょうだいたちと比較すると仕上がりに時間はかかる可能性はあるが、適正自体は合いそう

 

⑥ナバロン(LS×JN

BP:21年未勝利1着(札幌芝1500m)

血統:E  能力:E

一言コメント:ブラックタイド×サクラバクシンオー。近親に新潟1000mのレコードを保持するカルストンライトオがいる。ブラックタイドのパワーと牝系のスピードがお互いの良さを消してしまっているようにも思える血統構成。少なくとも東京替わりはプラスではない

 

⑦デリカテス(DI×AP

BP:21年新馬1着(東京芝2000m)

血統:E  能力:D

一言コメント:キズナ×ミスプロ系血統。新馬戦では低評価を覆してきたが、馬場に恵まれたことは確か。もう少しキレと瞬発力が欲しい

 

⑧グランシエロ(LS×ED

BP:21年アイビーS2着(東京芝1800m)

血統:B  能力:B

一言コメント:ハーツクライ×ダンジグの血統。当コースで2着2回と勝ち切れていないが、アイビーSでは上がり順位も1位。適正はありそうだが、本格化はもう少し時間がかかるか

 

スカイフォールKK×LS

BP:21年新馬1着(新潟芝1800m)

血統:C  能力:C

一言コメント:キンカメ×サンデーで近親にトゥザグローリーがいる血統。半兄のスワーヴジョージ(父:ハービンジャー)はアイビーS2着、当レース6着だった。激走してもおかしくはないが、状態次第で

 

⑩アルナシーム(RB×DI

BP:21年新馬1着(函館芝1800m)

血統:B  能力:C

一言コメント:モーリス×ディープインパクトの組み合わせ。アルアインやシャフリヤールの近親という名牝系。モーリスは様々な産駒を出すので一概には言えないが、ディープインパクトの能力が出ていれば伸びしろは十分

 

テラフォーミングRB×KK

BP:21年新馬1着(新潟芝2000m)

血統:E  能力:D

一言コメント:エピファネイア×ルーラーシップ。牝系にはダンスインザダークの血を持つ超スタミナ血統。この時期の重賞に必要や仕上がりの早さとキレを考慮すると向かない可能性が高い

 

⑫ダンテスヴュー(KK×AD

BP:21年未勝利1着(中京芝2000m)

血統:C  能力:D

一言コメント:キンカメ×フレンチデピュティという組み合わせでサンデーの血を持たない馬。新馬戦では新潟で33秒1の上がりをマーク。未勝利戦でも上がり1位。遠征は心配だが、爆発力が炸裂するか

 

以下は血統出馬表となります。

 

<良馬場>

f:id:wankocharo:20211119151026j:plain

東スポ杯2歳ステークス血統予想~


◎⑧グランシエロ

〇③アサヒ

▲⑤レッドベルアーム

△①イクイノックス

△➉アルアシーム

 

皆様にとって素敵な競馬デーとなりますように!!!

↓↓応援お願いします

 


↑↑ポチっとお願いします!競馬・血統理論ランキング

よかったら上記ボタンをポチっとお願いします。

パソコンなら右端に、

スマホなら少し下にスクロールすると上に、

現在の順位が表示されますのでまたそこから入っていただけますと幸いです。