犬でもできる競馬血統予想

血統を中心に組み立てた競馬予想をだれでもわかりやすいように書きます。主が犬顔らしいのでこんなタイトルですが深い意味はありません(笑)

MENU

11月6日(土)7日(日)回顧

こんばんは。ちゃろです。

 

皆様お久しぶりです。 

先週は筆者がとある試験の受験のため、更新することができませんでした。

だから生で競馬が見られませんでした・・・。

そういうときに限って結構予想があっていたりするものですよね(苦笑)

 

事前予想はできていませんが、来週のことや来年のためにも回顧してみたいと思います。

 

先週重賞は「京王杯2歳ステークス」「ファンタジーステークス」「アルゼンチン共和国杯」「みやこステークスと4つの重賞レースがありました。

 

皆様の結果はいかがだったでしょうか。

それでは振り返っていきたいと思います。

 

 

11月6日(土)京王杯2歳ステークス(GⅡ)の結果

 
1着 ③キングエルメスロードカナロアKK】×スペシャルウィークLS】)
2着 ⑧トウシンマカオビッグアーサーJN】×スペシャルウィークLS】)
3着 ⑪ラブリイユアアイズ(ロゴタイプED】×ヴィクトワールピサLS】)
 
【ちゃろの予想】

今回は予想なし

 

【感想】

東京の芝1400mというのはなかなか特徴のあるコースだと認識しています。本来、東京競馬場というのはコースが広く、直線が長いということが特徴であり、直線まで脚を溜めて直線でキレを爆発させることが東京制覇のカギとなります。

しかしながら、東京芝1400mは必ずしも上記のような展開になることが少ないです。キレや瞬発力というよりどこかローカル競馬場のようなスピードの持続力が求められるパターンが多いですね。

まさに今年の京王杯2歳ステークスはこの展開でした。

4角で1番手だった③キングエルメスとその後ろまでポジションを上げていた⑧トウシンマカオのワンツーでした。

血統的にはロードカナロアビッグアーサーというスプリントGⅠを制覇した種牡馬が活躍しました。特にビッグアーサーのようにプリンスリーギフト系(JN)を持っている馬が好走していました。JN系の好走が目立つレースは多くないので、来年以降もマークしておいた方がよさそうです。

(例)16年1着モンドキャンノ(母父:サクラバクシンオー

   18年3着カルリーノ(母父:ショウナンカンプ

   19年2着ビアンフェ(母父:サクラバクシンオー

 

11月6日(土)ファンタジーステークス(GⅢ)の結果

 
1着 ⑤ウォーターナビレラ(シルバーステート【DI】×キングヘイローED】)
2着 ②ナムラクレア(ミッキーアイルDI】×ストームキャットAD】)
3着 ⑨ママコチャ(クロフネAD】×キングカメハメハKK】)
 
【ちゃろの予想】

今回は予想なし

 

【感想】

先週のスワンステークスに続き、阪神の芝1400mという非根幹距離ですが、こちらもDI系のワンツーとなりました。実力上位の馬が上位入選した決着でした。

血統分析も難しいのですが、非根幹距離短距離でもディープインパクトの血が走ってしまうのですね。阪神開催となった昨年の2、3着は母父RB系でしたが、今年の出走馬に母父RB系はいませんでした。しかし⑤ウォーターナビレラ、②ナムラクレアはロベルトの血を持っていました。父サンデー系、母父ノーザンダンサーもしくはロベルト系(またはロベルト系持ち)

 

11月7日(日)アルゼンチン共和国杯(GⅡ)の結果


1着 ⑩オーソリティオルフェーヴルLS】×シンボリクリスエスRB】)
2着 ⑫マイネルウィルトス(スクリーンヒーローRB】×ロージズインメイTT】)
3着 ⑤フライライクバードスクリーンヒーローRB】×シンボリクリスエスRB】)
 
【ちゃろの予想】

今回は予想なし


【感想】

このレースは東京芝2500mという特殊条件で行われるレースで血統的特徴がめちゃめちゃ出るレースで、東京競馬にも関わらずタフな条件となるレースです。今年もRB系が好走しましたね。父か母父にRB系を持つ馬は3頭しかいませんでした。今年は不発でしたがトニービンも好走傾向があります。押さえておきましょう。

 

11月7日(日)みやこステークス(GⅢ)の結果


1着 ③メイショウハリオ(パイロAN】×マンハッタンカフェLS】)
2着 ⑥ロードブレス(ダノンバラードDI】×ナリタトップロードEM】)
3着 ⑤アナザートゥルース(アイルハヴアナザーAP】×フジキセキSS】)
 
【ちゃろの予想】

今回はなし


【感想】

やはり阪神ダ1800mはアメリカ型血統ですね。1人気の⑪クリンチャーは7歳で長期休み明けにも関わらずやや抜けた人気、⑩メイショウムラクモ、⑨オーヴェルニュは母父が欧州型血統でしたし、⑦スワーヴアラミスの母父スライゴーベイはアメリカで活躍した馬ですが、ダートではなく芝で活躍した馬なんです。よって上位人気の馬は母父アメリカ型(=ダート適正が高い)が少ないので波乱の可能性は予期できたような気がします。父アメリカ型血統の③メイショウハリオ、⑤アナザートゥルースはアメリカ型名血×サンデー系ですからやはりダート血統が好走したということですね。

 

来週以降も血統を楽しく勉強して的中していきたいと思いますし、

来週までまたコツコツと研究していきたいと思います!

 

今後ともよろしくお願いいたします。

 


↑↑ポチっとお願いします!競馬・血統理論ランキング

よかったら上記ボタンをポチっとお願いします。

パソコンなら右端に、

スマホなら少し下にスクロールすると上に、

現在の順位が表示されますのでまたそこから入っていただけますと幸いです。