犬でもできる競馬血統予想

血統を中心に組み立てた競馬予想をだれでもわかりやすいように書きます。主が犬顔らしいのでこんなタイトルですが深い意味はありません(笑)

MENU

10月9日(土)10日(日)回顧

こんばんは。ちゃろです。
 

みなさん素敵な競馬ライフをお過ごしでしょうか。

 

いつものように回顧(反省?)していきたいのですが、その前にどうしても書いておきたいことがあります。

ちょうどブログというものを始めて1カ月が経ちました。

 

大好きな競馬やお馬さんについて気が付くと考えていることが多くて、自分でたくさん本やブログ記事を読んだり、ツールを作ったり10年近くそんなことをしていました。

まだまだ勉強中だからこそ記録を残すことをやってみたくて、挑戦してみたかったもの、その一歩が踏み出せず躊躇していました。それでも好きなことだからと新しいチャレンジをしてみることにしました。

ドキドキしながら初めて書いたものはひどいもんでした(笑)

アクセス数は「3」でした。(うち2回は自分だと思います苦笑)

でもやってみると今度はこうしたいなとか見やすくしたいとかいろいろな気持ちが出てきて、書いている私自身も気分転換にもなったのでやってみてよかったと思います。

 

そして、日に日にアクセス数が伸びていることを本当に嬉しく思っています。

まだまだ初心者で不格好なブログチャレンジですが、今後ともよろしくお願いいたします。こんな話は今度コラムにでもまとめようかなと思います。

 

さて本題です。今週は2歳重賞のサウジアラビアロイヤルカップ

そして天皇賞(秋)の東西前哨戦の毎日王冠」「京都大賞典を予想しました。

皆様の結果はいかがだったでしょうか。

結果を振り返ってみたいと思います。

 

 

 

10月9日(土)サウジアラビアロイヤルカップ(GⅢ)の結果

 
1着 ⑥コマンドラインディープインパクト【DI】×ティズワンダフル【MA】)
2着 ③ステルナティーア(ロードカナロア【KK】×ファルブラヴ【ED】)
3着 ①スタニングローズ(キングカメハメハ【KK】×クロフネ【AD】)
 
【ちゃろの予想】

◎⑥コマンドライン・・・1着

〇①スタニングローズ・・・3着

▲④ガトーフレーズ・・・6着

 


【感想】
本命の◎⑥コマンドラインは馬の能力もさることながら、さすがルメール騎手でした。37秒を超える超スローペースを感じるとすかさず動きましたね。惜しかったのが対抗の〇①スタニングローズ。ドスローからヨーイドンでは前にいないと物理的に追いつきません。それでも上がり最速の33.2は立派。2着まで上がってくれたら馬券的にも最高だったのですが・・・(笑)。今後も楽しみですね。

 

 

10月10日(日)京都大賞典(GⅡ)の結果


1着 ⑧マカヒキディープインパクト【DI】×フレンチデピュティ【AD】)
2着 ⑨アリストテレスエピファネイア【RB】×ディープインパクト【DI】)
3着 ⑪キセキ(ルーラーシップ【KK】×ディープインパクト【DI】)
 
【ちゃろの予想】

◎③ステイフーリッシュ ・・・7着

〇⑭ヒートオンビート・・・8着

▲⑨アリストテレス・・・2着

 


【感想】
いやー、恐れ入りました。ここでマカヒキの復活とは!!

8歳での復活とはびっくりで。私は馬券を外したもののなんだかうれしくなりましたね。サトノダイヤモンドとのダービーを懐かしくすら感じる今日にマカヒキの激走は正直全く想像できませんでした。マカヒキ藤岡康太騎手本当におめでとうございます。

1着~3着はすべて父か母父にディープインパクトの血を持っていましたね

それでは反省を・・・。

本命の◎③ステイフーリッシュは3コーナーですでに動きが怪しかったですね。ポジションを取りに行ったのに折り合いが良くなく追走が苦しそうに見えました。ヒートオンビートは+14キロの影響もあったでしょうか。少し過剰でしたね。

しかし、レースのレベルとしてはどうだったのでしょう。天皇賞(秋)はどうなるのでしょうかね。いずれにせよ楽しみです!

 

10月10日(日)毎日王冠(GⅡ)の結果


1着 ①シュネルマイスター(キングマン【ED】×ソルジャーホロウ【ED】)
2着 ⑦ダノンキングリー(ディープインパクト【DI】×ストームキャット【AD】)
3着 ⑤ポタジェ(ディープインパクト【DI】×オーサムアゲイン【AD】)
 
【ちゃろの予想】

◎⑤ポタジェ ・・・3着

〇➉ケイデンスコール・・・9着

▲⑫ヴァンドギャルド・・・8着

△①シュネルマイスター・・・1着

△④マイネルファンロン・・・12着

△③ラストドラフト・・・13着

 


【感想】
本命にした◎⑤ポタジェはよく頑張ってくれました。狙い通り好走してくれました。2着の⑦ダノンキングリーは完全復活といっていいようですね。ダノンキングリーはポタジェと同様のDI系×AD系というここ数年の芝中距離の鉄板血統ですからもちろん適正はあるのですが、①シュネルマイスターとの兼ね合いなどもあり、人気サイドばかりのチョイスは長期的な回収率を考慮してもあまりしたくないですし、前回GⅠ勝ちで人気になることも明白でしたから今回は無印としました。ここは仕方ないかなと納得しています。
 

 

 


↑↑ポチっとお願いします!競馬・血統理論ランキング

よかったら上記ボタンをポチっとお願いします。

パソコンなら右端に、

スマホなら少し下にスクロールすると上に、

現在の順位が表示されますのでまたそこから入っていただけますと幸いです。